おすすめ参考書

【新課程】赤チャートのレベルは?偏差値は?問題数&使い方を詳しく解説!

この記事は高校 1 年生専用です。

高校 2、3 年生はこちらの記事で説明していますので、チェックしてみてください。

 

2022年度より、教育課程が「新課程」に切り替わりました。

『赤チャート(数研出版)』の「新課程」と「旧課程」の違いや、どちらの参考書をやるべきかなどわかりやすく解説していきます。

問題数や難易度、到達点や偏差値をわかりやすくまとめているので、参考書を選ぶ際の参考にしてください。

赤チャート1A新課程 アイキャッチ

1. 新課程と改訂版の違いは?

「新課程」とは、教育課程が新しくなることです。教育課程とは、学校で習う内容です。

教育課程は教育カリキュラムとも言うので、「新課程」は「新カリ」とも言われています。

 

例えば、

 

「高校数学の教育課程が変わる」 

「高校数学が新課程になる」

「高校数学が新カリになる」

 

これらはすべて

 

「高校数学の授業で習う内容が変わる(新しくなる)」

 

ということです。

 

教育課程は10年に1回くらい変わります。

変わったときに出るのが、「新課程」ということになります。新課程が出たタイミングで今までの教育課程のものは「旧課程」と呼ばれるようになります。

 

新課程でも何年も続くと入試の傾向も変わるので数年でアップデートされます。

これが改訂版です。

 

したがって、新課程と改訂版は大きな変化はありませんが、新課程と旧課程は全く異なるので注意してください。

 

2. いつから新課程になる?

2022年から新課程になります。

 

したがって

 

2022年現在の高校 1 年生は「新課程」です。

2022年現在の高校 2、3 年生は「旧課程」です。

 

「新課程」に変わったからといって、高校 2、3 年生が「新課程」を学び直すことはありません。

 

高校 2、3 年生はそのまま「旧課程」を学んでいき、大学受験の範囲も「旧課程」で出題されます。

 

高校 1 年生は「新課程」で学んでいき、大学受験の範囲も「新課程」で出題されます。

 

3. 新課程と旧課程の比較

受験に必要な科目のみに注目して「旧課程」と「新課程」を比較します。

新課程

・数Cが復活

・数A「整数の性質」が消滅

・数B「ベクトル」が数Cに移動

・数III「平面上の曲線と複素数平面」が数Cに移動

 

したがって、「旧課程」と「新課程」では学ぶ内容が違うので、

2022年現在の高校 1 年生は「新課程」の参考書を購入してください

2022年現在の高校 2、3 年生は「旧課程」の参考書を購入してください。

 

また、参考書やネットの記事で「新課程」というものがあっても、10年近く前の「新課程」の可能性があります。

「新課程」でも、参考書の発売日やネットの記事の内容が古かったら、旧課程の可能性があるので注意してください。

 

4. 赤チャートの基本情報

通称「赤チャ」。

「チャート式」とは、網羅系の参考書の中で最も使用されており、高校数学の参考書を代表するシリーズです。学校の副教材としても配られています。

『赤チャート』はチャート式の中で最も難易度が高い参考書になります。

【新課程】チャート式 数学IA
created by Rinker
数研出版
通称 赤チャートIA
タイトル チャート式 数学I+A
出版社 数研出版
ページ数 512ページ
タイプ 網羅系(インプット)

 

5. 赤チャートの難易度

チャート式は色で段階的にレベル分けされています。

 

白チャート<黄チャート<青チャート<<赤チャート

 

の順に難易度が高くなっています。

 

表紙 レベル 偏差値
白チャート1A 新課程

【国立】
教科書~下位

【私立】
教科書~日東駒専

【進研】
50~60

【全統】
45~55

黃チャート1A 新課程

【国立】
教科書~中堅

【私立】
教科書~GMARCH

【進研】
55~65

【全統】
50~60

青チャート1A 新課程

【国立】
中堅~上位

【私立】
GMARCH~上智理科大

【進研】
60~70

【全統】
55~65

赤チャート1A 新課程

【国立】
上位~最難関

【私立】
上智理科大~早慶

【進研】
70~80

【全統】
65~75

偏差値は、1冊やりきるのに必要な数学1科目の目安です。

 

6. 赤チャートの内容構成

チャート式は色によって、問題レベルの呼び方が異なります。

呼び方は異なりますが、基本的には同じ内容構成です。

 

基本例題1問に対して、類題1問。

発展例題1問に対して、類題1問。

章末に、EXERCISESという名前の入試演習問題。

 

プラスαで、『青チャート』と『赤チャート』は入試標準レベルの総合問題。

 

の構成となっています。

 

チャート式の内容構成

タイトル 基本例題 応用例題 例題の類題 入試演習
白チャート 基礎例題 発展例題 EX EXER
黄チャート 基本例題 重要例題 練習 EXER
青チャート 基本例題 重要例題 練習 EXER
赤チャート 例題(青) 例題(赤・黒) 練習 演習問題

 

7. 赤チャートの問題数

タイトル 例題 練習 演習等 合計
赤チャートIA 360題 230題 150題 740題

 

意外かもしれませんが、『青チャート』より問題数は少ないです。

『青チャート』より重複している問題が少なく、より難易度の高い問題が厳選されています。

 

『青チャート』との一番大きな違いは参考書の内容構成です。

『白チャート』、『黄チャート』、『青チャート』は例題、例題の類題、入試演習のEXERCISESで構成されています。『赤チャート』はEXERCISESはなく、演習問題があるだけです。

この演習問題はEXERCISESより難しく、『青チャート』の総合問題と同じレベルです。

 

8. 赤チャートの対象者

進研模試(ベネッセ) 偏差値70~80
全統模試(河合塾) 偏差値65~75
到達点(国立) 上位国立
到達点(私立) 最難関
偏差値65~70の高校 定期考査の数学が80点以上
偏差値60~65の高校 定期考査の数学が90点以上

自分の今の実力と志望する大学に合わせて、背伸びすることなく選ぶことが大切です。

決して、自分のレベルに合わない色を選ばないでください。

 

チャート式が終わってから次の参考書に進むことを考えれば、自分に合った色を1冊完璧に仕上げる方が次の問題集に接続しやすく、1冊解き終えたという自信にもつながります。

『赤チャート』を部分的にやる人より、『青チャート』を1冊完璧に仕上げた方が数学はできるようになります。

 

『赤チャート』は最難関大学を目指す人以外必要ありません。

 

9. 赤チャートを解く前は?

『赤チャート』は基礎レベルが定着していれば解き始めることができますが、最難関の受験生を対象としているため、解説が少なめです。

『赤チャート』が難しく感じてしまう人は、チャート式の色が合っていません。『青チャート』にレベルを落としてください。

 

10. 赤チャートを解いた後は?

『赤チャート』を解いた人は

 

『プラチカ』

『やさしい理系数学』

『上級問題精構』

 

に進んでください。

 

【新課程】チャート式 数学IA
created by Rinker
数研出版

-おすすめ参考書
-,

© 2022 学校よりわかりやすいサイト