おすすめ参考書

【新課程】入門問題精講のレベルは?到達点は?難易度や問題数を詳しく解説!

この記事は高校 1 年生専用です。

『数学IA  入門問題精講』は発売しています。『数学IIB  入門問題精講』、『数学III 入門問題精講』はまだ発売してません。IIBIIIの難易度や到達点は例年の傾向をもとに予測しています。

高校 2、3 年生はこちらの記事で説明していますので、チェックしてみてください。

 

2022年度より、教育課程が「新課程」に切り替わりました。

『入門問題精講』の「新課程」と「旧課程」の違いや、どちらの参考書をやるべきかなどわかりやすく解説していきます。

問題数や難易度、到達点や偏差値をわかりやすくまとめているので、参考書を選ぶ際の参考にしてください。

【新課程】入門問題精講1A アイキャッチ

1. 新課程と改訂版の違いは?

「新課程」とは、教育課程が新しくなることです。教育課程とは、学校で習う内容です。

教育課程は教育カリキュラムとも言うので、「新課程」は「新カリ」とも言われています。

 

例えば、

 

「高校数学の教育課程が変わる」 

「高校数学が新課程になる」

「高校数学が新カリになる」

 

これらはすべて

 

「高校数学の授業で習う内容が変わる(新しくなる)」

 

ということです。

 

教育課程は10年に1回くらい変わります。

変わったときに出るのが、「新課程」ということになります。新課程が出たタイミングで今までの教育課程のものは「旧課程」と呼ばれるようになります。

 

新課程でも何年も続くと入試の傾向も変わるので数年でアップデートされます。

これが改訂版です。

 

したがって、新課程と改訂版は大きな変化はありませんが、新課程と旧課程は全く異なるので注意してください。

 

2. いつから新課程になる?

2022年から新課程になります。

 

したがって

 

2022年現在の高校 1 年生は「新課程」です。

2022年現在の高校 2、3 年生は「旧課程」です。

 

「新課程」に変わったからといって、高校 2、3 年生が「新課程」を学び直すことはありません。

 

高校 2、3 年生はそのまま「旧課程」を学んでいき、大学受験の範囲も「旧課程」で出題されます。

 

高校 1 年生は「新課程」で学んでいき、大学受験の範囲も「新課程」で出題されます。

 

3. 新課程と旧課程の比較

受験に必要な科目のみに注目して「旧課程」と「新課程」を比較します。

新課程

・数Cが復活

・数A「整数の性質」が消滅

・数B「ベクトル」が数Cに移動

・数III「平面上の曲線と複素数平面」が数Cに移動

 

したがって、「旧課程」と「新課程」では学ぶ内容が違うので、

2022年現在の高校 1 年生は「新課程」の参考書を購入してください

2022年現在の高校 2、3 年生は「旧課程」の参考書を購入してください。

 

また、参考書やネットの記事で「新課程」というものがあっても、10年近く前の「新課程」の可能性があります。

「新課程」でも、参考書の発売日やネットの記事の内容が古かったら、旧課程の可能性があるので注意してください。

 

4. 入門問題精講の基本情報

『入門問題精講』は問題精講シリーズの中で最も易しく、解説が詳しいものになります。

【新課程】数学I・A 入門問題精講
created by Rinker
旺文社
タイトル 数学I・A 入門問題精講 改訂版
著者 池田 洋介
出版社 旺文社
ページ数 360ページ
タイプ 網羅系(インプット)

 

5. 入門問題精講の難易度

問題精講シリーズは段階的にレベル分けされています。

 

入門<基礎<標準<<上級 

 

の順で難易度が高くなっています。

 

表紙 レベル 偏差値
【新課程】入門問題精講1A

教科書

【進研】
45~55

【全統】
40~50

【新課程】基礎問題精講1A

【国立】
教科書~中堅

【私立】
教科書~GMARCH

【進研】
55~65

【全統】
50~60

【新課程】標準問題精講1A

【国立】
教科書~中堅

【私立】
GMARCH~上智理科大

【進研】
65~75

【全統】
60~70

未発売

【国立】
最難関

【私立】
早慶

【進研】
80~

【全統】
70~

 

3. 入門問題精講の注意点

『数学I・A 入門問題精講』の目次です。

第1章 数と式
第2章 関数と関数のグラフ
第3章 三角比
第4章 場合の数
第5章 確 率
第6章 集合と論理
第7章 データの分析
第8章 図形の性質
第9章 整数の性質

旧課程版では、数学Aの「図形の性質」と「整数の性質」の分野が入っていませんでしたが、新課程版では「図形の性質」と「整数の性質」が追加されています。

 

4. 入門問題精講の対象者

進研模試(ベネッセ) 偏差値45~55
全統模試(河合塾) 偏差値40~50
偏差値65~70の高校 定期考査の数学が40点以上
偏差値60~65の高校 定期考査の数学が50点以上
偏差値55~60の高校 定期考査の数学が60点以上
偏差値50~55の高校 定期考査の数学が70点以上

教科書と同じレベルなので、教科書が理解できる人は『入門問題精講』の1つ上のレベルの『基礎問題精講』を選んでください。

 

5. 入門問題精講を解く前は?

『入門問題精講』が難しく感じてしまう人は基礎が定着していません。新しい参考書を買う必要はありません。

高校の教科書や副教材で基礎を固めることから始めてください。

 

6. 入門問題精講を解いた後は?

『入門問題精講』を解いた人は、『基礎問題精講』を何周も解いて入試問題の基礎レベルを身につけて下さい。

 

 

【新課程】数学I・A 入門問題精講
created by Rinker
旺文社

-おすすめ参考書
-,

© 2022 学校よりわかりやすいサイト