数学Ⅰ

【高校数学Ⅰ】絶対値が2つある方程式・不等式(外し方・覚え方・計算方法)

このページでは、数学Ⅰ「絶対値の2つあるときの外し方」について解説します。

不等式の中に絶対値が2つあるときの、場合分けと計算方法を具体的に問題を解きながらわかりやすく解説していきます

問題集を解く際の参考にしてください!

 

1. 絶対値が2つあるときの外し方

 

2. 絶対値が2つあるときの解き方

問題

次の不等式を解け。
\( \ \\ \hspace{10pt }|x|+2|x-4|≧7\\ \)

解答

 

3. まとめ

絶対値が2つあるときは、数直線を書くと解きやすくなります。
また、見直しもしやすくなります。


絶対値の外し方の基本問題
は、以下のページで詳しく説明しているので、チェックしてみてください。 

-数学Ⅰ

© 2021 学校よりわかりやすいサイト