数学B

【高校数学B】ベクトル方程式 公式一覧(直線・円・存在範囲)

このページでは、数学Bの「ベクトル方程式」を解説します。

ベクトル方程式の直線、円、存在範囲の公式をわかりやすく解説していきます

【高校数学B】ベクトル方程式 公式一覧(直線・円・存在範囲)

 

1. ベクトル方程式とは

ベクトル方程式とは、図形をベクトルで表現した式。

図形は、 \( \overrightarrow{OP} \) を使って「点の集合」として表す。

 

2. ベクトル方程式の公式

2.1 直線(平行)

公式

ベクトル方程式 公式 直線 平行

解説

ベクトル方程式 公式 直線 解説 

 

2.2 直線(垂直)

公式

ベクトル方程式 公式 直線 垂直

解説

ベクトル方程式 公式 直線 垂直 解き方

 

2.3 円(半径)

公式

ベクトル方程式 円 半径 公式 

解説

ベクトル方程式 円 半径 公式 解説

 

2.4 円(直径)

公式

ベクトル方程式 円 半径 公式 直径

解説

ベクトル方程式 円 半径 公式  直径 解説

 

2.5 領域

公式

ベクトル方程式 半径 公式 領域

 

4. 公式まとめ

数学B「平面ベクトル」の公式一覧を、PDFファイルでA4プリント1枚にまとめました。

演習の際に、ご活用ください。

PDFはこちら

 

3. 平面ベクトルの問題

数学B「平面ベクトル」の教科書の問題と解答をプリントにまとめています。

教科書の問題は出版社によって異なりますが、主要な教科書に目を通し、すべての問題を網羅するように作っています。

ぜひチェックしてみてください。 

-数学B

© 2021 学校よりわかりやすいサイト